塚本歯科クリニック

リンク
スタッフブログ
求人情報
診療時間
休診日
塚本歯科クリニック
〒410-0822
沼津市下香貫前原1499-1
TEL055-934-8020
診療科目
一般歯科・審美歯科
歯周病治療・予防歯科
インプラント
ホーム > 衛生管理
衛生管理
当医院では様々な院内感染予防対策を行っております。
グローブ
すべての治療に対し、1人1枚ゴム手袋を使い捨てで使用しています。そのため、写真のように一日のゴム手袋の数は莫大な数になります。これが衛生管理に最重要と考えています。
オートクレーブ滅菌(高圧蒸気滅菌)
高温、高圧蒸気で滅菌を行います。MRSA,HIV,肝炎ウィルス、一般細菌、真菌、芽胞菌、結核菌など、ほとんど全ての微生物に有効で、121度、20分で完了します。最良の滅菌機です。熱に耐性のある器具は全て行っています。
診療用基本セットの滅菌
基本セット(歯科用ミラー、探針、ピンセット)は、水洗、薬液滅菌、超音波による洗浄、滅菌パックセット、オートクレーブ滅菌を行います。
切削器具(タービン、ハンドピース類等)の滅菌
歯科医院で一番使われ、一番汚染されやすいものが、虫歯を削る切削器具(タービン)です。使用したら全て滅菌しています。数をたくさん揃えております。
プチクレーブ
切削器具(タービン)は頻繁に使用するため、10分で滅菌できるタービン専用の高圧蒸気滅菌機を導入しています。お一人ずつ滅菌して使用しております。
グルタールアルデヒト液滅菌
オートクレーブに入れられない器具(ゴム製品やプラスチック製品)は、オートクレーブと同じレベルの効果のある液体(グルタールアルデヒト液)で、30分浸漬することにより滅菌します。
殺菌水精製機
先ほど紹介しましたオートクレーブ(高圧蒸気滅菌)は滅菌するのに高温になる為、どうしても機械にかけられない物があります。当院ではそれらを殺菌水に浸したり、拭き掃除に利用して感染予防しています。殺菌水とは…殺菌水に含まれる有効塩素成分のほとんどが次亜塩素酸として存在しています。次亜塩素酸は、塩素形態の中でも最も活性が高く、低濃度(30ppm)で優れた除菌効果を発揮します。
麻酔器具の滅菌
歯科で使う麻酔器具は、下記のように、使い捨ての針、薬液(カートリッジ)、注射筒に分けられます。針と薬液は当然使い捨てです。注射筒はオートクレーブにて滅菌します。
吸引装置
この器具、装置は水や唾液などを吸い取る装置ですが、これも使用ごとに交換、滅菌しております。
治療中に触れる部分のラッピング
写真は水やエアーを出す装置です。持つ部分は取り外せないのでラップによってラッピングしてその部分を交換しています。ライトのハンドル部分もラップで巻いています。
コップ、エプロン、ヘッドレスト
患者様ごとに使用している、コップ、エプロン、ヘッドレストカバーは1人1セット使い捨てで使用しています。
カップ、ブラシ
当医院ではクリーニング時に使うカップとブラシを1人一個使い捨てで使用しています。