院長あいさつ

院長 塚本真平

院長 塚本 真平

プロフィール

静岡県立沼津東高等学校卒業
北海道大学 歯学部卒業
2001年 塚本歯科クリニック開院
2012年 日本歯周病学会 認定医取得
2017年 沼津市歯科医師会理事

所属学会

日本歯周病学会 認定医
日本臨床歯周病学会
日本口腔インプラント学会
日本歯科審美学会
臨床歯科を語る会
日本歯科医師会
静岡県歯科医師会
沼津市歯科医師会

研修履歴

2006年 JIADS Periodontics & Periodontology course
JIADS Endodontic Dentistry course
JIADS Regenerative therapy course
2009年 日本口腔インプラント学会認定100時間講習会
2010年 目白歯周病学研究会 A Basic course of Periodontics
2011年 SJCD regular course
2012年 SJCD basic course of Microscope
SJCD Endodontic course of Microscope
2013年 SJCD Master cours
2015年 JTconcept master course
Dental Arts Academy microscope hands on course
2016年 UCLA Endodontic Mentorship Program
KIDS Practice Periodontal Surgical Technique Advance Course
Dental Arts Academy Comprehensive Pretreatment hands on course
2017年 CID course Tissue management for clinical achievement
CID microscope course
Club GP Global Program

院長メッセージ

患者さんの希望する歯科医療とはどのようなものでしょうか。

  1. 説明を充分してくれる
  2. 痛くない治療をしてくれる
  3. 清潔な医院
  4. 治療が上手で丁寧
  5. 最新の設備がある

等といったことがあがってくるようです。

当院では、先ずこれらに関する不安を払拭するべく、来院された皆様おひとりおひとり時間をかけたカウンセリングを行い、最適な治療をご提案したいと考えております。
実際患者さんから、「今までは歯科医院で説明をうけたことがない」とか「治療法の選択がなかった」という話をよく聞きます。

もし、自分や自分の家族が歯科治療を受ける時、どのような治療を希望するか?
通いやすいから、費用が安いから…といったことを重視して、応急処置と見粉うような、また流れ作業的な雑な治療は決して望みません。

歯は一度削ってしまったら元に戻ることはありません。質の高い治療を受けたいと思うのは当然のことですし、どのような治療法があるのか、それらのメリット・デメリットを聞いた上で、治療法を選択したいと思うはずです。

よりよい治療と診療環境を実現するため、院長である私を含め、スタッフ全員が日々勉強と技術の向上を心がけています。
毎年数々の学会や研修に積極的に参加しています。
患者さんの大切な体の一部を治療する医療従事者は自己研磨を怠ってはいけないということが私のポリシーです。

私自身、歯周病治療の専門的な知識や技術を習得した者だけに与えられる、日本歯周病学会の認定医の資格を所持しております。
また、静岡県内で30名ほどしかいない歯周病認定衛生士も塚本歯科クリニックでは活躍しています。

そのほかにも、歯科用CT(3Dレントゲン装置)やマイクロスコープ(歯科用顕微鏡)、マイクロルーペ(拡大鏡)など、最先端の設備をいち早く整え、精密で正確な治療を行なっています。
宝の持ち腐れにならないよう、これらの機器を上手に扱うためには練習に練習を重ね、ようやく日常臨床で使用することができるようになるのです。

衛生面においても、皆様のお口の中に入る器具を安心して使用できるよう、当院の滅菌レベルは世界最高基準をクリアしております。
世界で最も厳しいとされるヨーロッパ基準のクラスB滅菌レベルの機器を導入しており、洗浄・滅菌・個別パックまで徹底した管理を行なっております。
また、可能な限りディスポーザブル(使い捨て)なものを使用しております。

現在の日本では、保険診療にこれらに関する評価がないため、多くの歯科医院ではまだ導入ができていない状況です。

妥協することなく時間をかけて患者さんと向き合い、最良の歯科医療と診療環境をご提供できると確信しております。

塚本歯科クリニック 院長 塚本 真平